育毛剤の開始から一週間程度過ぎると初期脱毛といわ

育毛剤の開始から一週間程度過ぎると、初期脱毛といわれる症状がみられることがあります。薄毛の悩みを解消しようと思って育毛剤で対応したのに抜け毛が増えたらもう使いたくないですよね。

この症状は育毛剤が効いている証拠であるという話をよく聞きますので、あきらめずに使い続けてみてください。
1ヶ月くらい続けてみればきっと増毛の実感が出るはずです。一般的なシャンプーやトリーメントの類いは全く不使用で、お湯だけで髪や頭皮を洗う湯シャンと呼ばれる方法が存在します。

はじめのうちこそ頭皮がベタついた感じがしてアブラがきちんと取り切れていないように思って、かえって育毛のためにならないのではないかと感じる方もいるでしょうが、継続していけば、スカルプのアブラの量は正しい状態に戻ってくるので、何も心配することはないのです。どうしても髪のベタつきが気になって仕方ない状態ならば限定的にシャンプーの使用をOKにするという選択もできます。

頭皮にマッサージをすることを続けると次第にスカルプの状態が良好になり、髪が生える可能性が増えるはずです。爪をたててマッサージをしてしまうとデリケートな頭皮に傷をつけてしまうので、注意して、指の腹を使って揉んでください。シャンプーの折、スカルプマッサージを施すと頭も同時に洗うことができて一石二鳥です。
とりあえず、育毛効果を感じるまで粘り強く続けるようにしてください。

ツボは全身にいくつも広がっていますが、中には発毛とか育毛に効き目を示すツボも見られます。大概は頭部に密集しており、例を挙げると百会という頭頂部のツボは血の巡りをよくして抜け毛を減らすのに有効です。

ツボを押す力が強すぎるとスカルプを痛めることにつながります。気持ちよさを感じつつ若干の痛みもあるという力加減で、押す回数は1箇所あたり3回から4回ほどがおすすめです。髪の毛は主としてタンパク質で出来ています。

髪の他にも、人間の身体ではタンパク質を成分とする部位がたくさん存在します。
吸収したタンパク質の補給は生命維持に必要とされる場所から優先されていくので、たとえ無くとも生死に関わらない髪の毛に届くまでにはふんだんに摂取しなければなりません。ですから、育毛を考えるなら、タンパク質の含有量が多い大豆などの摂取をどんどん行う事が重要です。

おすすめ⇒ビタブリッドのお試し